ふづき法律事務所の評判・債務整理費用が安い

ふづき法律事務所は借金相談・債務整理に数多くの経験を持つ弁護士事務所です。

下記内容にあてはまる方は一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

◎給料の多くを、返済に充てていて生活が苦しい
◎借金を返済するために借金をしている (多重債務)
◎ご家族や友人に内緒で借金をしてバレるのが怖い

「~まずは、ベストな方法を一緒に考えましょう!
私たち弁護士が無料で!親身にご相談に対応します!~」
代表弁護士 山下重幸


気になる費用についても相場を考慮しても安いといえます。
任意整理で比較してみました。


ホームページにきちんと費用もでていますのでご参照ください。



ふづき法律事務所 詳細はこちら



※実質初期費用0円、分割払い可能。


■任意整理(及び、時効の援用)

着手金39,800円(税別、債権者1社あたり)

報酬金19,800円(税別、債権者1社あたり)

事務手数料30,000円(税別、一律)



一般的な相場【任意整理費用相場】
○着手金:1社50,000円~
○報酬金:1社30,000円~
○減額報酬:15~20%
○過払報酬:20~30%





借金相談・債務整理

任意整理と言われるのは、裁判所が間に入るのではなく、借り受け人の代理人が消費者金融などと駆け引きをし月々の支払金額を減らして、返済しやすくするものです。
当サイトでご紹介している弁護士さんは大半が年齢が若いので、気後れすることもなく、心置きなく相談できるはずです。案件の中でも過払い返還請求、または債務整理の経験値を持っています。
なかなか債務整理をする一歩が踏み出せないとしても、それは避けられないことなのです。ですが、債務整理は借金問題を終わらせるうえで、これ以上ないほど効果抜群の方法だと言っても過言ではありません。
ご存じないと思いますが、小規模個人再生に関しましては、債務累計の20%か、それが100万円以下の場合は、その額を3年という年月をかけて返していくことが要されるのです。
しっかりと借金解決を願っているのであれば、最優先に専門分野の人と会って話をすることが不可欠です。専門分野の人と言いましても、債務整理の実績がある弁護士、または司法書士と面談をすることが必要です。

銀行から受領したクレジットカードも、任意整理の対象とみなされますので、カード会社に任意整理の申し伝えをした時点で、口座が一時の間閉鎖されるとのことで、使用できなくなるようです。
債務整理関係の質問の中で圧倒的多数なのが、「債務整理を実施した後、クレジットカードは作成できるのか?住宅ローンは組めるのか?キャッシングはできなくなるのか?」なのです。
債務整理終了後から、従来の生活が送れるようになるまでには、大体5年は必要でしょうと聞いていますから、その5年間我慢したら、大概自家用車のローンも利用できるに違いありません。
借入の期間が5年以上で、18%超の金利を支払っている場合は、過払い金が存在している可能性が大きいと思われます。利息制限法を無視した金利は取り返すことができるようになっています。
クレジットカード会社から見れば、債務整理で債務を踏みにじった人に対して、「この先はお金を貸したくない人物」、「損をさせられた人物」と判断するのは、おかしくもなんともないことだと思います。
債務整理を希望しても、任意整理の話し合いの最中に、消費者金融業者が恫喝するような態度を示したり、免責が可能なのか明白じゃないと思うなら、弁護士に委ねる方がいいのではないでしょうか?
債務整理の対象先となった消費者金融会社、もしくはクレジットカード会社においては、新しいクレジットカードを作るのは当たり前として、キャッシングをすることも不可能であると頭に入れていた方がいいと思います。

返済がきつくて、毎日の生活がまともにできなくなってきたり、給料が下がって支払いできる状態ではないなど、今までの同じ返済は無理になったとすれば、債務整理に踏み切るのが、他の手段より間違いのない借金解決策だと考えられます。
初期費用や弁護士報酬を気にするより、何と言いましてもあなたの借金解決に必死になることです。債務整理の経験が豊かな弁護士や司法書士に相談に乗ってもらう方が間違いありません。
このサイトでご案内中の弁護士事務所は、なかなか足が向かなった人でも訪ねやすく、我が事のように借金相談にも応じて貰えると評価されている事務所なのです。